フラッシュ式の家庭用脱毛器での脱毛をする

フラッシュ式の家庭用脱毛器での脱毛をする

最近では女性のマナーとしてアンダーヘアの脱毛も珍しくなくなってきましたね。
脱毛サロンでのプランやコースでも、乳首を含むVIO脱毛は人気の高い脱毛だと言われています。

 

ただ、乳首の脱毛後に、ピンクやブツブツが出来てしまう人もいますが、それはなぜできるのかご存知でしょうか?

 

脱毛サロンや美容クリニックで脱毛を受けている人や、フラッシュ式の家庭用脱毛器での脱毛をする人にはないと人が多く、また問題にすることもありません。

 

実は、乳首のピンクやブツブツは、自宅でカミソリや毛抜きなどによるセルフ脱毛をする人に多く出る症状なのです。

 

カミソリや毛抜きでの脱毛は、非常に肌に負担や刺激を与えます。
肌は、刺激を受けると肌を守ろうとしてメラニンをたくさん生成し、それがその部分に残ってしまうことでピンクができてしまうのです。

 

ブツブツは、成長途中の埋もれ毛や、剃り残しによるものであり、ピンクやぶつぶつを消す方法はいくつか存在します。

 

一番簡単なのは、美容皮膚科や美容クリニックに通って乳首のピンクを消す方法ですが、この消す方法は費用がかかるのがデメリットです。

 

あまりお金をかけたくない人には、自分で専用の美白クリームを購入して塗り続けることも効果的です。
美白クリームには保湿効果が含まれているものもあるので、炎症を起こしてる肌を鎮静させて一緒にピンクを消す方法としても有効です。

 

乳首のピンクだけを消す方法だけではなく、ブツブツも改善したい場合には、除毛効果のあるローションなどを使用すると保湿と同時に美白効果も期待できるのでおすすめだと言えます。